アトピーになる原因

強いかゆみや湿疹、かぶれなど見ためでも大変だと感じることができるアトピー性皮膚炎は、発症が増加の傾向にあります。乳幼児に多い病気ですが、大人になってから出てくる大人のアトピーも多くなってきています。アトピーになる原因は人によって様々で、遺伝や食べ物からも、環境でも左右してきます。

幼児の場合を考えると、食べ物が大きな原因となっていることが多いです。アレルゲンになりやすい代表の食材は卵です。特に卵白には注意が必要です。もちろん体質によってアレルゲンにある食材は異なり、牛乳や乳製品、大豆製品、米、小麦粉などでもアトピーの原因になっていることもあります。幼児の場合は、3才頃になると消化器の機能が発達してくるので、食べ物からのアトピーは軽減される傾向にあります。

しかし大人アトピーの原因は食べ物でないことが多いです。ハウスダスト、ダニ、カビです。その中でもダニがアレルギーやアトピーを引き起こしていることが多いです。ハウスダストは、ダニが多く生存します。アトピーではダニも大きな原因の一つとされています。 肌の乾燥をほっておくのも良くないとされています。乾燥した肌の角質層に隙間が出来、有害な物質が肌の内側に入り込んでしまうので、それで炎症が起こることもあります。肌が弱い場合は注意が必要でしょう。

もちろんこのような同じ条件下、環境ににおいても、発症する方がいれば発症しない方もいます。遺伝が原因だとも言われていますが、環境からの要因も大きいことを忘れないで下さい。

Copyright © 2014 アトピーの怖さ All Rights Reserved.